2019年12月16日

12月の水面釣果報告!

気がつけば12月も残り半月。


もうすぐ2019年も終わりですナァ〜。




寒い日々が続いておりますが、
12月でも水面釣果の報告が入っております。

それもフローターで。


new_2019_12_16.002.jpg

new_2019_12_16.003.jpg

ヒットルアーは来年発売予定のサーフェスクランク、『ヒッピーシェイク』。
コレのプロトモデルね。

釣り人は『ヒッピーシェイク』のモニターをしてもらっているKAZUさん。


釣果報告ありがとうございます♪




今日は流石に水の冷たさで手足が痺れた様です。

12月でフローターに乗ってる時点でビビリますワ。
ヘンタイですね。イイ意味で。笑


でも、12月でも水面で勝負できる事が証明出来ましたネ。

更に、『ヒッピーシェイク』をチョイスしてもらえてる事が有り難い。
引き続きのモニタリング、宜しくどうぞ。




詳細は【Go Fishing】にアップしてあります。





posted by ペヨーテ at 23:36| Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月29日

実は仕様違いで2タイプある『ヒッピーシェイク』って名のクランクベイト。

順調に開発が進んでおりますクランクベイト、
『ヒッピーシェイク』は2タイプ同時に発売する予定でございます。

ボディの形状や浮力、ウエイト位置などは2タイプ同じなんですが、
リップで差別化しております。


今回はその違いについてサクッっと触れたいなっと。


new_hippy_shake.101.jpg
左)シャロークランク・タイプ
右)トップウォータークランク・タイプ


new_hippy_shake.102.jpg
リップの取り付け角度が違います。


実は、リップは取り付け角度だけじゃなく、形状にも違いがあるんです。



リップの形状・角度違いは用途の違いから産まれたモノで、、、


スローリトリーブでもファーストリトリーブでも、
安定して泳ぎきるって事がどちらのタイプでも共通したコンセプトのひとつ。


このコンセプトをベースに、


トップウォータークランク・タイプは、、、

水面に引き起こす波の大きさとロッドから伝わる抵抗(ブリブリ感)がしっかり感じられる事。



シャロークランク・タイプは、、、

水深50〜80cm程度潜り、カバーに対しても高い回避性能を有する。


タイプ別にそれぞれのコンセプトを追加する事で、
『ヒッピーシェイク』の差別化を図りました。



この辺りの詳しい事は、
『ヒッピーシェイク』の発売時に書きたいと考えてますので、その時までお待ちを。




『ヒッピーシェイク』は来シーズン早々の発売目指して奮闘中デス。

チョット待ってネ♪





posted by ペヨーテ at 00:39| Products | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月26日

原色南国魚類図鑑

石垣島からの不定期便。


今回はユゴイ編。
ニゴリもお構いナシ。『コボルト・タイプP』が活躍。


new_2019_11_25.jpg


グリーンヘッドのカラーが効いたんちゃう説浮上。


真相はサカナに聞かな判りませんナァ。




Fish'n on the Beach』をどうぞ。





posted by ペヨーテ at 00:20| Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする