2019年10月17日

『コボルト/タイプP』カラー紹介!!

昨日の『スージーポップ』に続いて、今回は『コボルト/タイプP』のカラー紹介デス。


こちらの『コボルト/タイプP』も全3色の展開となっとります。



まずは、、、


ナチュラル系からね。

・ライブワカサギ(LWKG)
new_kobold_lwkg.001.jpg

シルバーベースにして更に小魚の持つヌメリ感をも再現してみました。

カラーはワカサギのそれに合わせていますが、
サイズ感も含めて一般的なベイトフィッシュとして認識出来るカラーに仕上げました。

秋のシーズン、ベイトがキーとなるタイミングで使って欲しいカラーです。



それから、、、

・グリーンヘッド(GNH)
new_kobold_p_gnh.001.jpg

蛍光グリーンをヘッドに塗った、マズメなどローライト時に視認性を上げる為のカラーパターン。

ホワイトのボディカラーと相まって視認性Upに努めております。
見やすさ重視ならGNHで。

目玉はアソコの雰囲気で。笑



最後はボーン系、、、

・ボーン/イエローバック
new_kobold_p_ylb.001.jpg

こちらのカラーも視認性の良いカラー。
『スージーポップ』のホネとは少し描き方を変えてみました。

ホワイトボディに、イエローバックの仕上がり。
う〜〜ん、なかなかエエ感じ♪




以上の3色となります。

お気に入りのカラーありましたか?





new_kobold_pencil.703.jpg


コボルト/タイプP』の受注も開始してます!


コチラからどうぞ♪

通販サイトへ。
↓↓↓↓
http://peyote.cart.fc2.com/ca5/118/p-r-s/



ご注文、お待ちしております。





posted by ペヨーテ at 00:00| Products | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月16日

『スージーポップ』カラー紹介

レギュラーリリース分、全3色のカラー紹介を。



では、サクっといきましょう♪




まずは、定番、ボーンから。


・イエローボーン(YLB)
new_suzie_pop_ylb.002.jpg

new_suzie_pop_ylb.003.jpg

new_suzie_pop_ylb.004.jpg

ホネ系はいつも1色はラインナップに加える様にしてるんですが、
今回は見やすさ重視でイエローボーンに。

メダリオンではほぼ定番のカラーですね。
安定感バリバリ。

視認性を重視するならイエローボーンで決まり!




次は、

シャイニングオイカワ(SOKW)
new_suzie_pop_sokw.001.jpg

new_suzie_pop_sokw.002.jpg

new_suzie_pop_sokw.003.jpg

ナチュラルカラー代表として『シャイニングオイカワ』をラインラップに。

言わずと知れた昔のダイワのあのカラーを再現。
ベースカラーをシルバーにして“ベイトフィッシュらしさ”を追加。

ベイトフィッシュに依存する状況で使いたいカラーです。

秋はベイトフィッシュを更に意識するし、横の動きに反応が良い時も多いので、
ピンスポットで使うのもイイですが、連続的な横移動のアクションでアピールするのも面白いかと。

ナチュラル系ならシャイニングオイカワで決まり!




最後は、

スターダスト(STD)
new_suzie_pop_std.001.jpg

new_suzie_pop_std.002.jpg

new_suzie_pop_std.003.jpg

ポッパーってハング下などのカバーの奥に入れる事が特に多いプラグなので、
ローライト下でもシルエットがハッキリする黒色ベースはラインナップに入れたかったんデス。

光量の少ない場合、黒が一番ハッキリ見えるので、(夜釣りで黒色が効くのと同じ理由ね)
サカナからの見やすさを考慮してのカラー。

でも、釣り人からは黒色ボディは見づらくなるので、
口の中をチャートに塗って視認性Up。

浮いてる状態なら口の中(チャート)は見えるって仕組み。

黒色ボディに腹オレンジ。
オーロラフレークも散りばめてます。

ハングやカバー撃ちならスターダストで決まり!




以上の3色デス。

エエ色ありましたか?




スージーポップ』受注開始してます!

発送は今週末の予定です。





posted by ペヨーテ at 00:00| Products | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月15日

スモールサイズのペンシル、『コボルト(タイプP)』の紹介

『コボルト』。


new_kobold_pencil.701.jpg

数々ピンチを救ってくれたボウズ逃れの切り札。


合い言葉は、「ピンチの時には、ハイ!コボルト!!」


ボクにとっては御守り的存在。
それぐらい信頼しております。



new_kobold_hit.002.jpg
new_kobold_hit.004.jpg
バスの大きいから小さいのから。

new_kobold_hit.001.jpg
new_kobold_hit.003.jpg
はたまた、ニジマスやハスまでも。


フィッシュイーター全般に効きそう。




で、使い所も明白。


いわゆるタフった状況。
なかなか普通サイズのプラグじや反応してくれない時。

バイトがあるのにノラない。
食いの浅い状況。

または、バスのサイズのアベレージが小さい場合。

もしくは、バスが食ってるベイトフィッシュのサイズが小さい時。

などなど。



スモールプラグの出番って案外多いんすよねぇ。

プラグのサイズを落とす事で反応が変わるって事、経験してません?



スモールプラグといってもウエイトは1/4ozあり、
更にプラグのリアにオモリを集中させているので、
サイズの割に扱いやすいと思います。

new_kobold_pencil.702.jpg
サイズ感はこんな感じ。


でも、専用タックルが必要な訳ではありません。

開発自体がトップウォータータックルでもギリ扱えるぐらいのウエイトで。
って事でスタートしたんでね。


ボクは80年代のリール(シマノ/マグプラス)で使ってますが、
なんとか使えているんで、このサイズのプラグをメインにして釣りをするんじゃなければ問題ないかと、、、。


まぁ、今のベイトフィネス対応のタックルを使えばもっと快適に釣り出来ると思いますがね。


ベイトフィネスタックルで1日このサイズで釣りをしてみるのも、それはそれで楽しそう♪
そのうちチャレンジしてみたいッスねー。


メッチャ釣れるのか?
それとも、あんまり差が出ないのか?笑




そう、『コボルト』っていわば、

サッカー界でいう『スーパーサブ』。
今までの流れを変える存在。

なので、ボウズも気配が漂い出したら投入準備デス。




あ、でも、
「いきなりスタートから使ったらダメなんですか?」

の、問いには、、、



「スタートから使ってもイイんです!」



Let's enjoy Top Water Fishing!!





posted by ペヨーテ at 00:23| Products | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする