2017年09月17日

『ラピッドシャッド』発売開始!


フローティング・シャッドプラグ、『ラピッドシャッド』発売開始です。


rapid_shad_ylbn.shok.jpg

rapid_shad_ppgl.jpg



今回も『バラージ』同様、取扱店様か通販にてお買い求めいただけます。



ラピッドシャッド』取扱店リスト
↓↓↓↓

・マイノリティ様(和歌山)
https://www.minority-tb.com/

・マグナムケイズ様(千葉)
http://www.magk.jp/

・カーティスクリーク様(群馬)
http://creeknikki.exblog.jp/27118999/



・ペヨーテ通販サイト
↓↓↓↓
http://peyote.cart.fc2.com/?ca=5



宜しくお願いします♪





posted by ペヨーテ at 00:21| Products | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

Rapid Shad・カラーチャートその2

『Rapid Shad(ラピッドシャッド)』、1stリリース分のカラー紹介、第2夜。


昨日に引き続き、残りの2色をピックアップ。




・トロピカル
new_rapid_shad_tpcl.jpg

今回のラインナップの中で最も視認性が高いカラー。

パールホワイトのベースに蛍光カラーで赤、緑、黄。
夕マズメ終わりのローライトでも何とか目視出来ればという思いで採用。

プラグが見えないとキャスト精度がガタガタになって、釣りどころでは無くなるんでね・・・。
老眼アングラーの味方になれば。(笑)

でも、視認性の問題だけでなくアトラクターとしても効果的な配色だと思うんですが・・・。




最後は、

・パープルギル
new_rapid_shad_ppgl.jpg

前出の『シャイニングオイカワ』と同じく、平べったいボディのベイトフィッシュの代表格。
『シャイニングオイカワ』と同じ、エサ的思考から導き出たカラー。

まぁ、デカバスはギルを喰ってるって話は昔から聞きますからね。
ギルカラーはラインナップに入れたかったんすョ。

ギルの色ってメーカー色が色濃く出てて、一口でギルといっても様々なカラーパターンがあり、
どんな色目にするか迷う所なんですが、今回はパープル系のギルに仕上げました。

パープルって釣れるカラーだという人が結構居ますよね?
実際ケイムラはブームになったぐらいなんで良く釣れたんでしょうネ。

個人としてはパープルで爆釣的な実体験は無いのですが・・・(笑)

まぁでも、ホンネは、
そんな事より単純にパープルのギルがカッコイイと思ったんで採用しました。

だから、
これから皆さんでパープルが良く釣れる色かどうかを実証していきましょう!(笑)




カラー紹介は以上となります。

どうですか? エエ色ありましたか??





posted by ペヨーテ at 00:51| Products | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

Rapid Shad・カラーチャート

『Rapid Shad(ラピッドシャッド)』、1stリリース分のカラーは4色での展開デス。


今回は、

・Yellow Bone(イエローボーン)
・Shining Oikawa(シャイニングオイカワ)
・Tropical(トロピカル)
・Purple Gill(パープルギル)

以上の4色で決まり。




まずは、

・イエローボーン
new_rapid_shad_ylbn.jpg

いわゆる、『黄ホネ』ね。
ボーマー社のあのプラグの代表的なカラーといってもいいんじゃないでしょうか。

この形状のシャッドを作る時からこのカラーは塗ると決めてました。
このカラーのプラグを作りたいから、『ラピッドシャッド』を作ったといっても過言じゃないかも。(笑)

「このカラーが特別良く釣れた。」
などの意見はボクの耳には届いてませんが、塗るべきカラーの第一候補でした。

釣れるカラーというより、使いたいカラーですネ。個人的には。




・シャイニングオイカワ
new_rapid_shad_shok.jpg

ベイトフィッシュに寄せる時、この平べったい形の魚っていえば?
の思考から採用したカラー。

平べったい形状の魚なら、アメリカならばアルワイフシャッドなどに落ち着くんだろうけど、
残念ながら日本にはいてません。

体高があって平べったい感じの魚でバスのベイトになりうるのは・・・、
個人的嗜好からするとオイカワが直ぐに浮かんじゃいました。

婚姻色が出たオスのイメージで。
ベイトフィッシュに寄せていく為、シルバーベースに少量のラメまで足して
ベイトフィッシュのギラギラした“生感”を目指しました。

フラッシングが強くなってれば良いナァ〜。

エサ的観点からみれば最初に押さえていきたいカラー。




《つづく》





posted by ペヨーテ at 00:33| Products | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする