2022年06月29日

鱒釣道中膝栗毛 上州虹鱒・小口黒鱒編 其の伍

釣り統括編


釣り初日に訪れた山上湖は、避暑地なので暑くもなく空気も爽やかな空間にて、
トラウト相手に遊べるという、なかなか素敵な時間を過ごさせてもらいました。

new_2022_06_22.003.jpg

湖にはレインボートラウト以外にも、ブラウン、イワナも生息しており、
何が釣れるか判らないというビックリ箱みたいな釣り場でした。


と、言いつつも魚種別にある程度棲み分けが出来ている様で、
狙って釣る事も可能な様です。


出来ればニジマス以外のサカナも釣りたかったんで、
その辺は次回の課題っすな。




当日は水面ピクピク系プラグに反応が良く、画像のコイツが活躍。

new_pikupikukei_small_pluggin.jpg

とは、いっても獲れたんは1匹だけですが・・・。

マニュアル的な誘いの釣りで、
サカナからの反応も上々(バイト多数)だったので、釣果以上に満足出来ました。



この水面ピクピク系プラグ。

少しだけ製作した『シェイクダウン』っていうプラグのダウンサイジング版。

new_shake_down_2021.jpg
『シェイクダウン』


ムシ系プラグがトラウトに効果的との事だったんで、きっと効くだろうと持って来たのが大正解。

ノラない事が多かったですが、手持ちのプラグの中ではバイト数はピカイチ。
結局、最後はコイツに救われたカタチ。


対トラウト用にコイツをブラッシュアップさせたいトコロ。
目指す方向性は決まった感じデス。





釣り2日目のバス釣りは、噂通りのタフさで序盤早々に水面を諦め、クランクにスイッチ。

new_2022_06_23.002.jpg

潜りモノで連発するもラインブレイクにバラし。
ラインチェックは怠ったらあきまへんナァ。


午後からのウェーディングで何とかチビを釣るも無念のタイムアップ。
まぁまぁの洗練を受けました。

やっぱりというか、当たり前ですがバイト自体が貴重なんで、
ちゃんとアタリを拾っていかないとボウズ危機を迎える事になりますワナァ。


人生初の小口黒鱒はサイズがアレでもかなり嬉しかったんですけどネ〜。




今回、旅のお供として持ち込んだ『カーティスクリーク』謹製の、
4ピースパックロッド。

new_Cavalier.002.jpg

new_2022_06_22.011.jpg

比較的軽めのプラグに対応したパックロッドで、
対トラウト、対スモールマウスに最適なベイトフィネスロッドでありました。

トラウト、スモールマウス共に小さめのプラグが有効との事でしたので。


仕舞寸法もスモールパッケージで、ボクのキャリーバッグにスッポリ収まるサイジング。
小さくなるってのは公共交通機関を使った移動では正義デス。笑

このロッドのテストも兼ねていたのでその辺に関しては上々ってトコかな。
丸2日間キャストし続けた訳ですから。

掛けたサカナは少なめですが・・・。笑




最後に、

店長の伊井さん、田村さん、ノビーさん、
お世話になりました。


また、世話になりに寄らせてもらいます。笑
ありがとうございました♪




伊井ブラザーズおすすめの『マッハバロン』の主題歌を教えてもらってから
現在も頭の中でループ中。

曲調、歌詞ともに70年代さを感じられる1曲。



ギターはCharが弾いてるとか、いないとか・・・。



今週、釣りに行くのか?

キミはどうする?
キミはどうするか? キミは?




【鱒釣道中膝栗毛 上州虹鱒・小口黒鱒編 完】





posted by ペヨーテ at 20:00| Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする