2020年03月27日

ヒッピーヒッピーシェイク〜♪

今月末発売予定の『ヒッピーシェイク』ですが、
現在、鋭意リグ組み中ですのでもう暫くお待ち下さい。

発送時にはこちらのブログで報告いたしますので。




もう一度、サラッと『ヒッピーシェイク』のおさらいを。
シツコクてゴメンなさいね。




Hippy Shake(ヒッピーシェイク)』。
new_hippy_shake.702.jpg


硬質発泡樹脂製のクランクベイト。

シャローでの対カバー攻略に特化し、汎用性も併せ持つSRモデル(シャローランニング)と、
水面攻略に的を絞ったサーフェスプラグのTWCモデル(トップウォータークランク)の2種類でリリース。


hippy_shake_catalog.jpg.jpg


全長は75mm(ボディのみ)で、ウエイトが5/8ozクラス(約19g)。
ボリューム感はこんな感じ。

new_hippy_shake.701.jpg


こう見えてリップはサーキットボード製なので、アクションのキレは抜群。
高速引きにも対応できる安定感もウリ。


『ヒッピーシェイク』の詳細&注文はコチラ。
↓↓↓↓
・TWCモデル → http://peyote.cart.fc2.com/ca5/121/p-r-s5/
・SRモデル → http://peyote.cart.fc2.com/ca5/120/p-r5-s/




『ヒッピーシェイク』モニターの釣果&インプレも引用。


SRモデルのモニター・青谷さん

new_2019_11_15.003.jpg

new_2019_11_15.001.jpg


ギア比7.4:1のシマノ製のリールをメインに使っている様です。
早巻きしてもアクションの破綻は見られなかったとの事。


ちなみにボクは、80年代のダイワ&シマノのリールを愛用。
おそらくギア比は5.3:1ぐらい。

ゴリッゴリに早巻きしても全く問題ナシ。当たり前か・・・。


最新のハイギアのリールならギア比が9.0台以上のモノもありますが、
それらの早巻きでアクションが破綻しないかは未確認。

調べてないので何とも言えませんな。申し訳ナイ。




ダイレクトリールユーザーでTWCモデルのテスター、KAZUさんは、
タダ巻きよりも首フリをメインに使っております。

new_2019_11_08.003.jpg

new_2019_12_16.001.jpg

首フリ+ポーズでバイト誘発。タダ巻きでの使用は少なそう。
サーフェスプラッガーらしい使い方ですね。



タダ巻きでも首フリでも、アクション時の“ケツフリ”をイメージして欲しいデス。

頭の中に音楽を流して、ソレに合わせる様にお尻を振らすイメージ。



頭に流す音楽は勿論・・・、

「For goodness sakes ♪
I got the hippy hippy shakes〜♪♪ 」


コレしか無いでしょ。




今日はビートルズ版で。




posted by ペヨーテ at 00:08| Products | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする