2019年08月21日

バラージ・オン・ヘルメット

クランク祭りでの副賞ルアーをGETした、いとちんからの釣果報告♪

副賞ルアーの『バラージ・オン・ヘルメット』で釣れたそうな^ ^


コレが証拠の画像。笑
↓↓↓↓
new_2019_08_21.barrage_on_helmet.jpg

Go Fishing】もどうぞ。


このプラグ、ヘルメットを無理クリ装着した事により、再設定が思ったより大変でございました。
まぁ、どうしてもヘルメット、付けたかったんでね・・・。

new_barrage_on_helm.jpg


タダでさえ高浮力ボディのクランクベイトに、
浮力体の塊のヘルメットまで上乗せしたんで更に高浮力に。

座高が高くなって重心が上がってしまい、
ボディがとても不安定(放っておいたら倒れちゃう)な状態となった訳。


そこで、ボディを安定させる為、中々の量のウエイトを仕込む事に。

追加ウエイトで不安定さを何とか解消する算段。


ヘルメットを乗せた外見のカワイサは、約20%Up。
で、ヘルメットが足かせになりプラグの性能的には約30%Down。(当社比)

トータルで約10%の機能低下でまとまりました。笑



正直・・・、アクションだけみればノーマルのバラージ推し。

使い易いし、オートマチックでサカナを誘えますし。
ただ、タダ巻きするだけでOKなんすから。




しかし・・・、

メットonの良いところを無理ヤリ探すとなれば・・・、


ボディの体積と内蔵ウエイトの増量による自重の増加かな。
もっと重いプラグが欲しい人には朗報かも。

ノーマルの『バラージ』で3/4ozクラス、『バラージ・オン・ヘルメット』は1oz超え。



あとは・・・、

体積増量による入水時の水押しの強さ。


ロッドを使ってチョンチョンとアクションさせて、
首振りや潜らせた時の水押しは、ノーマルのそれよりも更に強くなった印象ですな。



数少ない長所&短所はこんなトコかな。




もっと安定したアクションや完成度をメット付きに求めるなら、
根本的なトコからの設計が必要でしょうね。


いとちんには引き続き、協力してもらう事として
研究を継続したいと思う次第デス。



果たして、日の目を見る時はあるんでしょうかね〜。笑





posted by ペヨーテ at 23:31| Products | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする