2018年12月19日

『スモールプラグ』という選択

釣果報告届きました。


気温10℃の中、小規模河川の流れ込みを中心にプラッギング。


new_2018_12_19.002.jpg

new_2018_12_19.003.jpg


金太郎飴状態で同じ様なサイズが釣れ続けたらしい。



最大魚はコレ。

new_2018_12_19.005.jpg

なんと、ナマズ。12月でも釣れんやね。笑



釣行の詳細は、
テスター・青谷ブログ、『It's my Style !!』をご覧下さい。




ちなみに、青谷さんが使っているのはプロトモデルでテスト中のスモールプラグ。

new_kobold_spinner_tail_minnow.001.jpg

いわゆる、スピナーテールミノー・タイプね。(メダリオンで開発中)



プラグを小型化すればタフな状況でも“イージーに釣る事”が可能か?
の、答え合わせに付き合ってもらっております。


時には、数狙い。
またある時には、型狙い。

と、出来るだけその時々でテーマを決めて、
狙い撃ちする様な釣り方をお願いしてます。


プラグの性能だけでなく、釣り人のスキルに助けてもらっているという側面もありますが、
これまでの結果としてはナカナカに上々で、満足いく感じですねぇ。



この調子なら答え合わせが早く終わるかも。
っと、期待大デス。




選択肢の中に、『スモールプラグ』ってのはいかがですか?





posted by ペヨーテ at 23:32| Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする