2018年12月15日

プラスチッキー

前回の『スウェルスティック』でもそうなんですが、
今回リリースした『バラージ』もリップは後付けにはせず、ボディと一体成形してあります。

量産のプラスティック製品と同じ様な外観デス。


new_swell_stick_barrage.001.jpg


ただ、メダリオンの場合はウレタン樹脂を使用しているので、
そのまま樹脂を流すだけだと強度が出ず、使用中にリップ部分が折れてしまう可能性があります。

なので、『スウェルスティック』も『バラージ』も成形前の型に、
サーキットボードのリップを内蔵してから樹脂を流して強度を確保しています。

リップ部分はウレタン樹脂の中にサーキッドボードが“in”されとる訳ネ。


なんでこんなメンドクサイ事をしてるかといえば、ただただ、80年代のプラ製の様に仕上げたいから。

わざわざハンドメイドしておきながら、
完成は量産のプラスチッキーな製品を目指すというメチャクチャな発想です。笑


手間ヒマを掛けて作り上げときながら、
目指す外観のゴールはその手間を極力排除し、生産性を追求した製品・・・。

まさに本末転倒ですな(^^;;




では、なんでこんなコトしてるんじゃろ?



その問いに対する答えは、

単に、見た目がこっちの方がカッコイイと思ったから。笑


サーフェスクランクやトップウォーターミノーイング用プラグは80年代風の
あのプラスチッキーで量産品バリバリの雰囲気がカッコイイな。っと・・・。


思っちゃったんだから仕方ないネ〜。
止めれません。笑




と、いう訳で、

『バラージ』も敢えてプラスチッキーな感じで仕上げておきました。


是非、80年代のテイストを感じて下さい。笑


new_swell_stick.tss.ban.jpg

『スウェルスティック』のTSSなんて、
ボディがクリームがかった白なんで、ボーン素材のプラ製品に見えてきた・・・。


病気カナ・・・笑。





『スウェルスティック』、『バラージ』は各取り扱い店舗様
またはペヨーテ通販にて購入出来ます。


宜しくどうぞ♪










posted by ペヨーテ at 01:11| Products | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする