2018年03月17日

Suzie Pop

ポッパーってお好きですか?




ひと昔前ならポッパーは王道スタイルで、まさにピンスポ攻略の代表選手。

移動距離の短さやフェザー効果から、スローやタフになればポッパーが効果的。

また、ポップ音は小魚のボイル音や捕食音を演出できるので、
フィーディングタイムもポッパーが効く効く。

高活性でもポッパー。低活性でもポッパー。
とにかくポッパー。

そんな時代がありました。





時は流れ・・・、



最近、ポッパーがタックルボックスの1軍から外れている様な・・・。

ボクも含め、周りの釣り人もあまりポッパーを使ってないようですし、
ポッパーは廃れてしまったのかな。って印象を持つ今日この頃。


ポッパーって使ってますか?



細身のペンシルポッパーを使う釣り人は見かける事もありますが、
いわゆるポップR系のポッパーって見かけなくなってしまいました。

メンター系のメーカーは現行モデルとして作ってるんでしょうが、
ハンドメイド系のブランドでは出てないんちゃうかなっと。

勉強不足で知らないだけならスイマセン・・・。



水平浮き姿勢やペンシルポッパータイプは見かけても、
ボディ寸の短くて、垂直気味に浮いている『Pop-R』タイプは見なくなりましたネ〜。


市場から無くなるのは何かしらの要因があるからなんでしょうが、
『Pop-R』タイプのプラグが無くなるのは寂しい・・・。

(実は・・・、当時はポップR派じゃなくてイエローマジック派だったりしたんですけどね。笑)


イヤ、やはり『Pop-R』の灯を消しちゃイカンですョ。
っと、勝手に思い込み製作開始。

テーマは『Pop-R Again!!』


まるで、ポップRは廃版みたいな扱いをしましたが、確か現行で発売中。

ただ、サーフェスプラッガーのタックルではちょっと扱いづらいのよね。
頃合いの良いサイズのモノが無かったりしてね。




この流れになるとワタシの出番。

サーフェスプラッガーのタックルにマッチングする様にモディファイするのが大好物。


new_suzie_pop.101.jpg
上)本家、ポップR(P−70)との比較。


全長;65mm ウエイト;5/8ozクラス
リアにウエイトを集中させているので、キャスト時の飛距離・アキュラシーとも抜群ですョ。

絶妙なレングスとウエイトになったと大満足。

名前も、『スージーポップ』に決定。


suie_pop.097.jpg



ゼル師匠に敬意を表してポッパー道を進む所存デス!





posted by ペヨーテ at 23:10| Products | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする