2017年12月28日

ラメラメ

ラメカラー、お好きですか?




ラメカラーってルアーの定番として存在するカラーの一つだと思いますが
結構、スキ・キライが分かれるカラーなのかなっと。


ボクは結構スキ派でして、それこそ『バグリー』のダズラーカラーなんてド真ん中。
あの雑さ加減が良い意味でアメリカンな感じがしてGood!

チョイ古な感じも更にGood!!

なんか惹き付けられるカラーなんよね。


new_lame01.jpg
定番中の定番、バグリーの『ダズラー』。


実際、ラメカラーのルアー、例えばバグリーの『バングオー』なんかを動かしてみると、
これまたギラギラ感が半端ナイ。

ベイトフィッシュの生々しさと相通ずる所があって、非常に生物ライク。

水中でギラギラ乱反射する様は、エサとなる魚が平打ちしてる様にしか見えません。
こうなりゃ、コレはエサやね。完全に。

こんなエサ同然のルアー、釣れない訳がない。笑



錯覚なのか思い込みなのかは判りませんが、一度エサに見えだしたらもう終わり。
ラメの魔力に取り付かれたのと一緒。抜け出せませんョ。

タックルボックスの切り札の位置にラメルアーが鎮座する事となるのです。




「今日はタフやな。」

このワードが出るや否や、即時ラメで武装された最もエサ寄りのプラグ投入と相成るのです。




過去、『ガレージレコード』で『ダズル』というラメベースのカラーパターンを
リリースした事があったのですが、注文数が伸び悩み、
キャプテン・平山氏との協議の結果、わずか2作で打ち切りとなる憂き目をみる事になってしまいました。


new_lame02.jpg
時代に翻弄された悲運のカラー、『ダズル』。(画像はガレージレコード、スインドル)


確かに、過去には苦い経験があるのですが、
80年代調を主軸とする『メダリオン・タックルデザイン』では避けて通れない道なのかな。
っと・・・。


このトラウマを克服できるのか?笑
それとも飲み込まれてしまうのか?笑笑


いつかは勝負せなアカンでしょうな。





posted by ペヨーテ at 01:58| Products | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする