2023年02月25日

『ガジェットスピナー』カラー紹介/その1 


まずは、、、

・『FBF(フラッシュ・ベイトフィッシュ)』。

FBF、今回もアユにしました。
フラッシュアユって事ね。

new_gadget_spinner_fbf.101.jpg

new_gadget_spinner_fbf.102.jpg


初期のカラーサンプルから少し変更を加えております。

背中と側面の間のラインを製品版では明るめの青色に変え、全体的に明るい色調で仕上げております。

シルバーラメは以前に比べて量は少なめ。
フラッシングを抑え目にしました。気分で。笑




お次は、、、

・『JMS』。

ナチュラル枠のカラーとして、今回JMSを採用。
元ネタはご存知、ヘドンのカラーパターン。

new_gadget_spinner_jms.101.jpg

new_gadget_spinner_jms.102.jpg


ザラ使いのバスプロ、チャーリーキャンベル考案のカラーパターンの一つで、
正式名称は確か『ナチュラルキャンベルジャッド』。

『ナチュラルキャンベルシャッド』のドコを取れば『JMS』になるのかはナゾですが、
79年?にそう決めているんだから、リスペクトの念を込め名称は引き継かしていただく。


初期版のシグネチャーモデルの方ではなく、スウェイバックザラに採用された色目を参考にしました。
個人的にこっちの方が好きなんでね。

シルバーベースにオリーブ系のバックという、いたってベイトフィッシュライクな王道的なカラーリングですが、
ポイントに入った赤と青が効いております。

サカナっぽくてなんか釣れそう。
を体現してるカラーだと思いません?笑




カラー紹介はその2に続きます。





posted by ペヨーテ at 23:49| Products | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年02月23日

『ガジェットスピナー』に於いてのプロペラ考察

『ガジェットスピナー』のテールにはプロペラを付けてあります。

new_gadget_spinner_tail.jpg

プラグを動かした時にプロペラが回転し飛沫を上げる。
回転中のフラッシング効果ってのは勿論あるんですが、
『ガジェットスピナー』は水面での“タダ巻き使用”を最優先機能として求めなかったので、
タダ巻き中のスプラッシュはあくまでオマケ。笑

メインの機能として捉えてません。
(とはいえ、ちゃんとタダ巻きでも使える様にはしてあります。ご安心を。)



この『ガジェットスピナー』はロッドワークで操作する事が大前提。

あたかもポッパーの様な使い事を念頭に置いているので、
移動させずに出来るだけその場でポップ音やスプラッシュを上げる事が最優先課題。


なので、テールのプロペラはプラグの浮き姿勢をお尻下りにする為のアウトウエイト的な役割。
そして、ロッドで操作する際の移動距離を制限させる為のブレーキ(抵抗部)としての役割を持たせております。


お尻下りの姿勢をキープしつつ、ブレーキとして移動距離を抑え、
出来るだけ狙ったスポットから離れない様にしつつ、
アクション時のスプラッシュ&フラッシング効果でもサカナを魅了。


どうです?
もうサカナは釣れたも同然でしょ??笑


スローにも使えるプラグなんで、今シーズンの春バス攻略に一本いかがですか?




各取り扱い店舗サマでは絶賛予約受付中ですので、
気になるカラーがある場合には予約される事をオススメいたします。

水面狂の皆さまからのご注文お待ちしております♪





posted by ペヨーテ at 18:35| Products | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年02月22日

『ガジェットスピナー』とは何ぞや?

『ガジェットスピナー』、2月末にリリース予定デス。


new_gadget_spinner_catalog.jpg


いゃ〜〜、昨年から製作をボチボチ始めてましたが、
製法の見直しや工程数の多く掛かるやり方にしたおかげで、リリースまで時間が掛かりましたネェ〜。

正直、想定外の時間の掛かりよう・・・。
チョット掛かりすぎ。笑


その分、上積み出来たモノに仕上がったと思いたいんですがね、、。



トップウォーターミノーイング専用プラグとして開発した『ガジェットスピナー』ですが、
コンセプトなどの詳細を小出しにしてきたので、ここらで今一度サラッとおさらい。




以前にも“トップウォーターミノーイング用”に『スウェルスティック』ってプラグをリリースしたんですが、
今回の『ガジェットスピナー』は『スウェルスティック』とは違ったコンセプトで開発を進めました。


今回リリースする『ガジェットスピナー』のコンセプトを判り易く言えば、
「ミノーでやるポッパーゲーム」。


ポッパー的なアクション、動かし方でミノーを使って水面、もしくは水面直下を攻略するゲーム。
ってのが伝わりやすいカナ。



やや尻下がりの浮き姿勢とリップ部を利用したポッピングによるポップ音と泡による誘い。

そして、ロッドワークやリトリーブによるダイブ&スイミング。

new_gadget_spinner_uki.jpg
ナナメ浮きの姿勢が一番のキモ。


イメージは「泳いでしまうポッパー」。


ロッドワークを駆使して、マニュアル的操作重視の『トップウォーターミノーイング』の世界を
『ガジェットスピナー』で是非、お楽しみ下さい!





posted by ペヨーテ at 23:35| Products | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする