2020年05月17日

皇帝降臨

彼の存在を初めて知ったのは『ウイイレ』っていうサッカーゲームで。


当時は、フィオレンティーナのサブに居ながらも、
スピードがありドリブルも巧く、強烈なキック力も備え、
更に長身でヘディングとフィジカルが強い。
オマケにフリーキックも得意という、
全くスキの無い、チート級の選手でした。

早速、自分のチームに加えてみると予想通りの大活躍。
なんでコイツが控えなん?ってのがその時の印象。

new_hippy_swing.004.jpg


で、現実世界でもフィオレンティーナからパルマに移籍し、そこで大活躍。
セレソンの9番を背負うまでになります。

パワー全開のミドル・ロングシュートが魅力で、
全てのゴールがスーパーゴール。

プレー全般、または全てのゴールがエゲツない感じ。


中でも、個人的にアドリアーノといえばこのシュート。




コンフェデ杯2005、ギリシャ戦での一撃。

ゴールまでの距離、カラダの向きからしてパスやクロスの選択やと思っていたら、
まさのシュート。で、ゴール。

マンガやで、マンガ・・・笑。
このイメージが頭にこびり付いております。



短い期間ながらも強烈な眩さを放った忘れ難いFWの一人。


そんな彼の、現役バリバリ時代をユル〜く『ヒッピースイング』で再現。
ユニフォームも所属チームのインテル(10番)とセレソン(9番)、(7番)をご用意。

セリエA好きならインテル。
代表好きならセレソンで。


new_hippy_swing.101.jpg
『Hippy Shake feat. Swing Hand』(略して『Hippy Swing/ヒッピースイング』)


今更ながら、

似顔絵にする為に顔をよ〜く見てみると、

体躯がガッチリでイカついイメージしか無かったんやけど、
こうして改めて見ると、案外カワイイ顔してるんよね。

新たな発見でした。笑





posted by ペヨーテ at 23:01| Products | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする