2019年04月17日

サーフェスプラグ『コボルト』、並べて比較してみた。

今回は『コボルト』のサイズ感についてと、使用しているタックルについて。



まずは、『コボルト』のサイズ感が伝わり易いように、
比較になる様なプラグと一緒に。




・コボルト/ペンシルタイプ(タイプP)

new_kobold_pencil.401.jpg
上)ノトス/レッドペッパーJr(100ミリ・9g)
下)コボルト・タイプP(80ミリ・約7g)

レッドペッパーJrとなら1回り小さい印象。

ボディサイズだけをみれば、レッドペッパーならベイビー(75ミリ・5g)に近いサイズ感。


手持ちのベイビーと一緒に撮影しようと思っていたんですが肝心な時に行方不明。
結局ロストで探し出せず。

何処に行ったんだろう・・・。ボクのベイビー。


写真撮ってから気付いたんですが、
同じサイズ感ならヘドンのザラパピー(7ミリ・7g)が近似値カナっと。

『コボルト』は頭とお尻を絞り込んでいるので、
ザラパピーよりかはスリムな印象になるかも。


また、ザラパピーを探しておかないと・・・。





・コボルト/スピナーテールミノータイプ(タイプSTM)

new_kobold_st_minnow.401.jpg
上)バグリー/スピナーテールバングオー4インチ(4.25インチ 1/4オンス)
下)コボルト・タイプSTM(80ミリ・約6g)


比較は恐らく世界一有名なスピナーテールのミノー。
そのシリーズの一番小さいサイズが画像の4インチ(スペック上は4.25インチ)

で、更にそれより1回りは小さいボディサイズがコボルト。


スピナーテールバングオーがそもそも釣れ線プラグなのに、
それのダウンサイジングしたモノならば・・・。



どうです?
だいたいのサイズ感、伝わりましたか?






最後に4/12釣行に使用したタックルについて。


すでに何度も書いておりますが、

このスモールプラグシリーズは状況的に渋すぎる時や、
ベイトや反応するバスのサイズが明らかに小さい場合。

また、マズメ間の中弛みの時に使う事が多いので、
1/2〜3/4オンスのプラグを扱え(メイン)、
尚かつ、『コボルト』も扱える(サブ的)タックルを使っております。


new_kobold.400.jpg

ロッド;ツララ×レコード/ソルプレッサ46(プロトモデル)
リール;シマノ/バンタム・マグキャスト
グリップ;かねは商店/WESSEXグリップ
ライン;レコード/エイトワンダー40lb(PEライン)

使用プラグ;メダリオン/コボルト・タイプP&タイプSTM、スペクトル、アトミックパンチ(フラットサイドクランク)
     ガレージレコード/フリエッタ


 

参考になれば幸いデス。





posted by ペヨーテ at 02:22| Products | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする