2018年11月13日

サンフィッシュ

『ラピッドペンシル』カラー紹介の2回目は、『サンフィッシュ(SF)』ね。


new_rapid_pencil.sf.101.jpg

new_rapid_pencil.sf.102.jpg



平べったいフラットサイドボディといえば、この手のカラーは外せませんよね?笑


カラーパターンのネタ元はヘドンのなんですが、大元はと言えばアメリカに生息してるパンプキンシードかと。
パンプキンシードはスズキ目、サンフィッシュ科のお魚ね。


ブルーギルやパンプキンシード、このボディ形状へのマッチングは間違いナシですね。

個人的にも好きなカラー。笑




『ラピッドペンシル』のお買い求めはコチラの通販サイトで。
↓↓↓↓
http://peyote.cart.fc2.com/?ca=5






それと、釣果報告も入っております。

もう11月だというのにコンスタントな釣果。素敵デス。


new_2018_11_12.001.jpg

最後の喰わせの手段で『スージーポップ』を投入するのだとか・・・。
信頼を得られて嬉しいデス。



Go Fishing】をどうぞ。





posted by ペヨーテ at 00:44| Products | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月12日

イエローボーン

『ラピッドペンシル』のカラー紹介。


一発目は『ラピッドシャッド』でも採用したホネパターンの『イエローボーン(YLB)』。

new_rapid_pencil_ylb.102.jpg

new_rapid_pencil_ylb.101.jpg


イエローベースに黒色でホネホネをプラス。
本家、ボーマー社のパターンを強く意識したカラー。オマージュってヤツっす。


イエローがベースとなっているんで見やすさ抜群。


プラグの形状とも相まってピカイチの安定感。
この形状でこのカラーリング。間違いナイでしょ。笑


80年代のアメルアを感じられる1色でありながら、
『ラピッドシャッド』では良く釣れました。
っと、投稿の実績も高かったカラー。


やっぱ、昔から継続されてるモノってポテンシャルが高いんでしょうね〜。


『ラピッド』シリーズのアイコン的カラーリング。




『ラピッドペンシル』のお買い求めはコチラの通販サイトで。
↓↓↓↓
http://peyote.cart.fc2.com/?ca=5





posted by ペヨーテ at 00:16| Products | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

『ラピッドペンシル』って?

遂にリリースされた『ラピッドペンシル』。


new_rapid_pencil.color_chart.jpg
全5色 価格;2,800円(税抜き)


http://peyote.cart.fc2.com/



ソロソロ、トップウォーターシーズンも閉幕ってタイミングですが、発売はギリすべり込めたのかなぁ。

今年は生産スケジュールが狂いに狂って、終盤にまとめ撃ち。って感じになってしまいました(^^;;


また、この時期でのリリースのくせに、シンプルなペンシルベイトをブツけてくるなんてね。
商品売る気あんのか?って思われちゃいますよね、、、。

唯でさえ、ペンシルって売りづらいって話も聞きますから、、、。




でも、先に言っときますが、
ちゃんと売る気ありますからね。笑

仕上がりがエエ感じなんで、一人でニヤついてるんすから。

こりゃ、全色買いやな、ウン♪



皆さん、買って下さいネ。笑


new_rapid_pencil.2colors.jpg


さてさて、この『ラピッドペンシル』は俗に言うフラットサイドペンシルって種類になります。

足の長〜い、ロングスケートがウリではありませんが、ショートストロークでのクィックなターンは得意技。
体高のあるボディが倒れ込む事で、ヒラウチ効果もプラス出来るって訳。

ターン+明滅効果。ステキな足し算^^。



でも、コヤツ、上手く扱えばそこそこスケートもこなします。


「クィッ、クィッ」と、ロッドを連続して操作したらドッグウォークになりますが、
「クィ−−、クィ−−」と、一回入力したらチョット間を空ける事でスケーティングさせる事も可能です。

ロッドアクションを変化させて、色んなターンを組み合わせて下さい。




ボディ形状上の特徴として、ターン時に首を振り始めるとボディ側面が水の抵抗を受け、
手前方向にプラグが移動するのを阻止して、切れ込みの深いターンを生むのです。

イメージとしてはスキーやスノボでエッジが効き出した状態。
ターン中にエッジが効き出したら前方向には進まず横方向へスムーズにターンする感じ?


伝わりますか?笑




まぁ、プラグが横を向き出したら、そのまま横方向へとスムーズに進む(ターンする)って事。

側面のボディの表面積が広く、水を受け易くした事でのメリットなので、
切れ込みの深いターンはフラットサイドペンシル最大の特長と言えますな。




new_rapid_pencil_tail.jpg


更にお尻にはティーザータブ付き。


理論上ターンに合わせてヒラヒラしてるので、サカナを誘うキッカケの一つにはなってるかとは思います。


でも、コレはぶっちゃけ、機能優先というよりデザイン優先なんよね。

このタブがある方が80年代っぽくてスキ。
昭和感とも言いますが見た目の安定感がハンパない。ホッとします。笑


しかし、最近のルアーでは見ませんからね。昔はスプーンやプラグにも付いてるのがあったのにネ。



赤色はバスを興奮させる。

なんて、言われてますが、果たしてホントに効果があるのか、無いのか。
是非、ご自分で確かめて下さい。



『ティーザータブ』が効いたョ! とか、
『あまり関係なさそうです。』 とか、

皆さまからの報告待ってます。笑




『ラピッドペンシル』は通販サイトから購入出来ます。

通販サイト
↓↓↓↓
http://peyote.cart.fc2.com/





posted by ペヨーテ at 00:44| Products | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする