2018年11月16日

ブラックボーン

カラー紹介、今回がラスト。

コレで最終デス。長々と失礼いたしました。


ラストは『ブラックボーン(BLB)』。黒ホネね。


new_rapid_pencil_blb.101.jpg

new_rapid_pencil_blb.102.jpg


http://peyote.cart.fc2.com/ca5/104/p-r5-s/



前出の『イエローボーン』の色違い。デザインは同じ。
ボーマー社へのオマージュね。


ホネパターンって、このボディ形状のアイコンになっているので、
外せないカラーとなってます。

ですので、イエローベースに続いてブラックベースでも登場。



黒色ってシルエットがはっきりと出るカラーなので、
ローライト、濁りの時でもサカナからはちゃんと目視されるカラーなんでしょうね。

存在感がちゃんとあるってヤツね。


カラーの使い所がはっきりしているのは良いですね。
カラーローテーションにも組み込みやすいって事ですから。


黒色は昔から釣れるカラーの代表的なカラーの1つとされていて、
偏愛家も沢山います。

それ程実績十分って事です。




さぁ、対「濁り・ローライト」用に『ブラックボーン』を。笑


朝夕やハング奥などのローライト用に。
また、濁り対策の切り札で。

タックルボックスにお一つ、どうぞ♪



『ラピッドペンシル』のお買い求めはコチラの通販サイトで。
↓↓↓↓
http://peyote.cart.fc2.com/?ca=5





posted by ペヨーテ at 23:22| Products | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月15日

シャイニング・パープルギル

カラー紹介も4回目。ラスト2。


本日のカラーは『シャイニング・パープルギル(SPG)』。

new_rapid_pencil_spg.101.jpg

new_rapid_pencil_spg.102.jpg

http://peyote.cart.fc2.com/ca5/103/p-r5-s/


平べったいボディにはギルカラーはマストですよね。笑
100パー似合いますから。

今回のギルはシルバーベースのシャイニングシリーズで。
パープルバックのギルのカラーリングで仕上げております。


シルバーベースのギラギラした感じ。
特にアクション中の生々しい反射具合がエサっぽくて釣れる感じしかしません。笑



毎回、毎回言ってますが、ベイトフィッシュ的なカラーを求めているのなら、このカラーの一択かな。

ギラギラ感なら、『BBOB』って選択もアリですが、
ナチュラルさを求めるならこの『シャイニング・パープルギル』で。


「エサっぽさ = SPG」

コレで決まり!




『ラピッドペンシル』は通販でお買い求めいただけます。

通販サイト
↓↓↓↓
http://peyote.cart.fc2.com/?ca=5





posted by ペヨーテ at 23:21| Products | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

ブルーバック/オレンジベリー

カラー紹介、3回目。

本日は『ブルーバック/オレンジベリー(BBOB)』。


new_rapid_pencil_bbob.101.jpg

new_rapid_pencil_bbob.102.jpg


前回の『スウェルスティック』から引き続きの採用のカラーパターンで、
実はまぁまぁお気に入り。

目元が特徴的なSM社へのオマージュ。笑



カラーの特徴としては、

ホワイトのベースに背中がブルーでお腹がオレンジっていう、かなり強めのカラー配置。

ボディが倒れ込むとキツめの色調変化が期待出来て、
更に側面のシルバーラメもフラッシング効果を生む。

まぁ、なんちゅーか、パワーMAX系のギラギラカラー。
アトラクター系のカラーパターンね。



こうして、カラーリングの分析をしてみると、


クラッシックパターンでありながらも、かなりの実釣的要素を盛り込んだカラーとも言えますナ。

だからこそ、今まで残ってるカラーパターンとも言えるが、、、


よく考えられてるなぁ〜。って、今更ながら感心。



サカナに気付かせる為の色調変化と、ベイトフィッシュ的なラメのギラギラでのリアクション&食わせ。
う〜む、隙がないカラーだぁ。


強めのカラーパターンなのでサーチとして使うには良いかも。


これで、釣り場に着いてのファーストチョイスは決まりましたネ。笑





posted by ペヨーテ at 21:58| Products | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする