2018年10月09日

ダブル or トレブル?

ダブルか?トレブルか??


そう、フックの話でございます。

たかがフック。されどフック。
実は割と重要な問題やったりします。


new_swell_stick_hook.jpg


ダブルフックが良いのか?
トレブルフックが良いのか?

コレがなかなかの難問。




結論からしたら、こうなります。


「両方必要!」


基本的にはダブルフックでOKというスタンスなんですが、
トレブルが必要な場合も存在するという、、、

ズルい回答。笑




バスというサカナは何かしらゴチャゴチャした所(カバーとかストラクチャーと表現)を好む傾向があります。

なので、ルアーもこういうゴチャゴチャした所に投げ込む必要があるんです。
あ、知ってますね?


サカナは掛けたいけど、ゴチャゴチャしたモノは掛けたくない。
相反する要素をバランスよくクリア出来るのがダブルフック。



「バス釣りはほぼキャストで決まる。」

ダレか有名人の言葉だったと思いますが正にその通り。

ゴチャゴチャを引っ掛けずにキャスト出来て、ポイントからサカナを誘い出せば成立しますもんね。
バス釣りって。


臆せず投げ込む技術が必要なんですが、
この状況ならばダブルフックにアドバンテージがあります。

少々のゴチャゴチャなら引っ掛からずに抜けて来ますから。
ダブルフックならばね。


ゴチャゴチャを釣っていくというバス釣りの本質からすれば、
断然、ダブルフックが有効って事になりますね。

多少のフッキング率の低下より、ウィードレス性能の上昇の方がメリット大って事。




でも、、、


それでも、


トレブルフックも必要なんす。



ダブルフックのウィードレス効果を犠牲にしてまでもフッキング率を上げたい時。
その状況も必ず訪れる。っと。



出ても、出てもノラない・・・。

サイズの問題か食い方の問題かは判りませんが、バイトまでは持ち込めてもノラない時ってありますよね?


こういう場合にはトレブルフックならノセられるという場合もあります。


後は、アレね、、、

トレブルフックにしてもノラない場合には諦めが付く。

トレブルでノラなきゃ後は知らん。
もう、しゃーないネー。お手上げ。ってね。笑




それと、個人的にトレブルにする事が多いのが、立ちペンなどの垂直浮きのプラグね。

ポーズ中のバイトではフックポイントがボディに近いせいか、ノリが悪い気がします。
なので、垂直浮きに近いプラグではトレブルフックにする事も多々。

トレブルフックならポーズ中も1本の針は前方向に突き出てますから、
掛かりが良いかと。




正直、サカナや釣り場の状況なんて現場に行かなきゃ判らん事が多いので、
お気に入りや軸になりそうなプラグはダブル版とトレブル版の両方を持ってく事が多いんですネ。

その時々の状況でダブルとトレブルを使い分ける。

コレがボクの中での正解かなぁ。




そーすると、プラグも二個づつ売れるしね。笑



お気に入りのプラグは両方の二個持ちという事で、
ダブル・トレブル論争の回答とさせて頂きます。


ご精読ありがとうございました♪





posted by ペヨーテ at 00:33| Products | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする